「写真」「黒板」「注釈」
工事写真レイヤ化
機能拡張

電子小黒板で進化した工事写真が、次のステージへ。
JPEGからSVGに変わり、ひとつの写真に
複数の画像(レイヤー)を重ねることが可能に。
写真の上に黒板や注釈を加えられます。

工事写真レイヤ化とは

従来の配筋検査では、鉄筋にホースやマグネット等のマーカーを設置し、鉄筋の位置を明示しています。工事写真レイヤ化は、SVGファイルを用いて、原本画像の信憑性を担保しながら、これらのマーカーや黒板を別のレイヤに保存することを可能にする技術です。デジタル写真管理情報基準(国土交通省 令和2年3月)の改訂により、工事写真のファイル形式が緩和され、利用が可能になりました。

レイヤ化工事写真=「注釈レイヤ」+
「電子小黒板レイヤ」+「写真(背景)レイヤ」

検定合格ソフトウェア一覧

準備中

発注者用ビューワ

準備中