「写真」「黒板」「注釈」
工事写真レイヤ化
機能拡張

電子小黒板で進化した工事写真が、次のステージへ。
JPEGからSVGに変わり、ひとつの写真に
複数の画像(レイヤー)を重ねることが可能に。
写真の上に黒板や注釈を加えられます。

工事写真レイヤ化とは

従来の配筋検査では、鉄筋にホースやマグネット等のマーカーを設置し、鉄筋の位置を明示しています。工事写真レイヤ化は、SVGファイルを用いて、原本画像の信憑性を担保しながら、これらのマーカーや黒板を別のレイヤに保存することを可能にする技術です。デジタル写真管理情報基準(国土交通省 令和2年3月)の改訂により、工事写真のファイル形式が緩和され、利用が可能になりました。

レイヤ化工事写真=「注釈レイヤ」+
「電子小黒板レイヤ」+「写真(背景)レイヤ」

“記録写真”から現場情報の連携を高度化する“ビッグデータ”へ進化した「工場写真3.0」

フィルムカメラ(第1世代)やデジタルカメラ(第2世代)の工事写真は、あくまで「ビジュアルの記録」が目的でした。これに対し第3世代、いわゆる「工事写真3.0」はスマートフォンやタブレットのアプリで撮影、従来の「記録」に加え「データとして活用する」ことを目的としています。

工事写真3.0では、写真のほか場所や工種、材料や設計値、実測値といった「ビジュアル+現場情報(データ)」を記録。台帳の自動作成など省力化から、クラウドにビッグデータとして蓄積、AIと組み合わせて多角的な参照や分析を実現するなど、大きなポテンシャルを秘めています。工事写真3.0は、建設DXを強力に支える基盤となる技術であり、J-COMSIAはこれを積極的に規定、推進していきます。今回の「レイヤ化」アプリ認定は、その一環として行うものです。

J-COMSIAが認定する「工事写真レイヤ化」アプリ

J-COMSIAは下記アプリを公式に認定しました。これらはすべて、以下の要素を満たしています。
・J-COMSIAが定義する3つのレイヤーに準じて構成される「SVGファイル」に対応
・J-COMSIAの信憑性確認(改ざん検知)ライブラリに対応
・J-COMSIAの「デジタル工事写真の信憑性確認(改ざん検知機能)検定」および「デジタル工事写真の小黒板情報連携機能検定」に合格

会社名製品名形式カテゴリリリース時期

工事写真レイヤ化(SVG)ビューワ(無償)で工事写真3.0を体験

J-COMSIAの公式サイトにて、工事写真レイヤ化に対応したSVGファイルのビューワアプリを無償提供を開始しました。 サンプルのSVGファイルを使って各レイヤの内容確認や切り替えなど、工事写真レイヤ化の体験に加え、発注者への説明や提出写真の確認にも利用できます。同じく無償で利用できる「信憑性チェックツール」で改ざんチェックも行えます。

ビューワを起動

Microsoft Internet Explorer 11、Microsoft Edge、Google Chrome

※Microsoft、Windows 、Internet Explorer 、Microsoft Edgeは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※その他の社名および製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。