設立趣意

令和2年12月21日、建設分野の情報通信技術を推進する新たな産業団体として「一般社団法人施工管理ソフトウェア産業協会(J-COMSIA)」を設立しました。一般社団法人施工管理ソフトウェア産業協会(以下、「J-COMSIA」という。)は、国土交通省が提唱する建設DX 、i-ConstructionやBIM/CIM及び内閣府が提唱するSociety5.0などの建設現場の生産性革命を施工管理ソフトウェアの側面より推進する産業団体です。
我が国の建設分野では、行政による情報通信技術を活用した生産性向上に関する施策が施行されています。しかしながら、現場を支援すべき施工管理ソフトウェアの開発と提供においては、先進的かつ先駆的な技術を有するものの、各社の活動に留まりその社会的意義を十分に発揮できる状況ではありませんでした。J-COMSIAは、この状況を改善し施工管理ソフトウェアを提供する各社の知見と知識を集結し、我が国の建設分野において情報通信技術を用いた生産性向上を支援します。J-COMSIAの前身は、平成29年度に一般財団法人 日本建設情報総合センター(JACIC)を事務局とする「デジタル工事写真の高度化に関する協議会」です。同協議会は、全国展開したデジタル小黒板情報電子化の普及・促進ならびに、信憑性確認(改ざん検知)ライブラリの維持管理、無償のチェックシステムの提供を行う国内唯一の団体でした。
J-COMSIAは、同協議会の活動を完全に引き継ぐ共に、建設分野の更なる要望に応えるべく、その活動範囲を施工管理に拡大し、建設現場に寄り添った生産性革命を“新現場力”として施工管理ソフトウェアの側面より推進します。

一般社団法人施工管理ソフトウェア産業協会
代表理事

組織体制

組織体制

会員一覧※順不同敬称略