工事写真に
生産性と信憑性を
もたらす電子小黒板

電子小黒板とは、従来の木製工事黒板に代わり、
スマホやタブレットで撮影できるデジタル小黒板。
黒板の内容はテキストデータになっており、
各種帳票の自動作成を可能にします。

小黒板情報電子化とは

従来のチョーク等を用いて記載していた工事用小黒板を、信憑性を担保した上で電子化し、写真管理を効率化する技術です。本技術は、国技建管第10号(平成29年1月30日)により、国土交通省で利用が認められ、現在ではほぼすべての公共機関で利用可能になりました。

黒板+デジカメ電子小黒板

信憑性チェックツール

J-COMSIAが提供する信憑性確認(改ざん検知機能)を搭載したWebのチェックシステムです。デジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像について、撮影後不適切な修正が加えられていないか確認することができます。

https://dcpadv.jcomsia.org/photofinder/pac_auth.php
  • Microsoft、Windows 、Internet Explorer 、Microsoft Edgeは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • その他の社名および製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。
Microsoft Internet Explorer 11Microsoft EdgeGoogle Chrome

信憑性確認
(改ざん検知機能)検定

公共工事の特記仕様書等では、小黒板情報電子化を利用する場合、電子政府における調達のために参照すべき暗号のリスト(CRYPTREC暗号リスト)に記載のある技術を利用して、信憑性確認(改ざん検知機能)を有する製品を使用することとしています。 J-COMSIAでは、写真撮影アプリケーション、写真管理ソフトウェア等が「電子政府における調達のために参照すべき暗号のリストに記載された技術を用いて、正しく信憑性確認(改ざん検知)機能が実装されていることを検定しています。 本協会の検定に合格したソフトウェアの一覧を示します。

詳しくはこちら

小黒板情報連携機能検定

J-COMSIAでは、異なるベンダーの写真撮影アプリケーションと写真管理ソフトウェアとの間でデータ連係を実現するために、共通仕様を定め、正しく情報が授受できるか検定しています。 本協会の検定に合格したソフトウェアの一覧を示します。

詳しくはこちら

よくある質問 質問をクリックすると、回答を見ることができます。

チェックシステムについて

  • 信憑性確認のチェックシステムは何を使ったらいいですか?
  • チェックシステムを搭載した写真管理ソフトウェアや工事写真ビューアソフトをお持ちであれば、そちらをご使用ください。操作については、販売元にお問い合わせしてください。
    ※特記仕様書の記載の内容を必ずご確認ください。
  • J-COMSIAの信憑性チェックツールを使う必要はありますか?
  • チェックシステムを搭載した写真管理ソフトウェアや工事写真ビューアソフトをお持ちであれば、ご使用いただく必要はございません。お持ちでない場合のみご使用ください。
    ※特記仕様書の記載の内容を必ずご確認ください。
  • Ver.1.1が増えたが、今利用しているものは使ってはいけないのか?もしくは使ってはダメということか?
  • 使っていけない、ダメということでは、ございません。
    ただしVer.1.1の写真撮影アプリケーションで撮影した工事写真は、Ver.1の写真管理ソフトウェア、工事写真ビューアソフトでは、信憑性チェックができません。
  • バージョンがVer.1とVer.1.1があるがどちらを利用したらいいのか?
  • どちらでも構いませんが、Ver.1.1の写真撮影アプリケーションで撮影した工事写真は、Ver.1の写真管理ソフトウェア、工事写真ビューアソフトでは、信憑性チェックができません。写真管理ソフトウェア、工事写真ビューアソフトの組み合わせについてはこちらをご確認ください。